フィリピン英語の訛り(なまり)の英語ってどんな特徴で実際どうなの?

アジアの留学先やオンライン英会話でフィリピン英語に接する機会が増えています。
また、コールセンターやシステムなどのオフショア拠点があったりで、意外とフィリピン人と話す機会が多い方もたくさんいるかと思います。

今回は、

  • フィリピンに留学しようか迷っている
  • オンライン英会話を利用しようか迷っている
  • フィリピンへの留学や駐在が近くて英語が心配
  • フィリピンに旅行しようと計画している

などの方のために、フィリピン英語の訛りはどういうものかの特徴や実際を解説していきたいと思います。

⇒フィリピン訛りが少ないBizmatesの無料体験はこちら

フィリピンは多言語国家

そもそもフィリピン人は、必ずしも英語が母国語なわけではありません。

フィリピン人は、フィリピノ語という言語が、本来は母国語となっています。
また、街中では、フィリピノ語に似た、タガログ語やその他の現地語をしゃべっています。

なので、最近、オンライン英会話やセブ留学のせいで、

フィリピン=英語

というイメージを持つ日本人が多いですが、必ずしも英語がネイティブなわけではありません。

外務省のホームページにもあるように、公用語はフィリピノ語と英語ですが、それ以外に80前後の言語がフィリピンでは使われています。

有名なところでいうと、

  • マニラ→タガログ語
  • セブ、ダバオ→セブアノ語
  • イロイロ→イロンゴ語

などがあります。

そら、あれだけたくさんの島からできている国なので、たくさん言語もありますよね。
それを統一するために、英語が公用語になっています。
中国の普通語やシンガポールで英語が公用語になっているのと似ています。

なので、フィリピン人=英語がネイティブというわけではないことをまず理解しておく必要があります。
実際、マニラやセブなど日本人がよくいくような都市にいくと、英語をしゃべる人は多いですが、アメリカなど英語が母国語の国と比べると必ずしも全員がペラペラというわけではありません。
しっかりと英語教育を受けている比較的アッパー層は問題ありませんが、街中にいる完全にローカルな人とかになると、英語が結構しゃべれないこともよくあります。

フィリピンの公用語が英語

日本国内は、日本語が唯一の言語なので感覚を持ちにくいですが、たくさんの言語が国内にある国は、共通の言語を定めないと不便で仕方がありません。
アイヌ語とかそういう細かい言語はありますが、細かい話は抜きにしてざっくりとの話です。

そこで、フィリピンでは、英語を共通語としています。

なので、学校教育においては、タガログ語の授業などの国語以外は、小学校から大学まですべての授業が英語で行われています。
ただ、現地の私立学校の中には、英語教育を特徴にしている学校もあるので、それくらい英語は第二言語的な扱いではあります。
また、現地で英語ができるかどうかはかなり深刻な問題になるので、学校によっては英語以外の言語の使用を禁止したり、罰金まで課して厳しく英語教育をしているところもあるそうです。

もちろん、日本で英語を第二言語的な感じで学ぶよりは、はるかに力を入れて英語教育をやっています。

また、教育だけでなく、街中では英語だらけですし、みんな英語をしゃべっています。

いけばわかりますが、いたるところに看板やテレビ、広告、お店の商品など、目につくほとんどに英語が書かれており、現地の言語よりも多く目に入ります。
サリサリストアのような現地の店にいくと事情は違いますが、外国人が多くいくようなマカティやオルティガス、グローバルシティなどではほぼ現地語を見ることはありません。

フィリピン英語の歴史的背景

では、なぜフィリピンでは英語が公用語になり、こんなに英語が重要視されているのかを歴史的な経緯から解説していきたいと思います。
堅苦しいですが、これからフィリピンに留学に行ったり、フィリピン人とビジネスをされる方なら、少しだけでも知っていると、便利なことがあります。

また、ちょっと世界史で勉強したよという方は、

「もともとマゼランが来たはずなのに、なんでスペイン語じゃなく英語?」

って思うかもしれません。
実際、フィリピン人の多くはスペイン人とのクオーターだったりします。

まずは、フィリピンの植民地の歴史を、超超超簡単に説明したいと思います。
私みたいな歴史嫌いは文章で読むのが嫌いなので、箇条書きでいきますね。

  • 1521年にマゼランがスペイン船団を率いて上陸
  • 1565年にセブ島やマニラをスペインが制圧、植民地支配
  • 1565年~1898年は、イギリス植民地やスペイン植民地になり占領の歴史が繰り返される
  • 1898年にアメリカの支援を得てスペイン領から外れる
  • 1989年~1942年は事実上アメリカの支配下
  • 1942年~1945年は日本が占領
  • 1946年7月4日に独立して、フィリピン共和国になる

という感じなのです。

つまり、アメリカやイギリスの植民時時代があるのです。
特にアメリカ植民地時代には、アメリカは1000人を超える英語講師をフィリピンに派遣して、フィリピン国民に徹底的に英語教育をしたそうです。
大体植民地支配をするときは、このように言語からはじめますよね。
いまだに日本植民地だった韓国や台湾の年配層には、日本語がしゃべれる人がいるのと同様に、このときにフィリピンに英語が根付いたと考えられています。
実際、1930年代には、英語能力を有する人の人口が国民の30%を超えたそうです。

ただ、反対にいうと、1930年代時点では、現代ほど多くの国民に英語が浸透していたわけではありません。
独立後に英語を正式に公用語としてから、フィリピンでは英語が広がってきました。

そう考えると、実はフィリピンの英語の歴史はそこまで長いものではないのです。
なので、日本と同様に、若い世代にいけばいくほど、英語が上手になっています。

フィリピン英語の訛りの特徴

フィリピンで英語が広く使われていることは周知の事実ですが、前述のようにまだフィリピンで英語が公用語になってからの歴史は意外と浅かったりします。
なので、当然に全員が全員欧米のネイティブスピーカーが話すような英語が話せるわけではありません。

フィリピン同様英語が公用語のシンガポールですら、シングリッシュと呼ばれているシンガポール訛りの英語がありますよね。
まして、フィリピンにも、シンガポールに劣らない独特の訛がまだまだあります。

また、日本国内で日本語の発音を考えたときに、日本語でも地域ごとに訛があります。
それと同様に、フィリピン内でも英語に訛りもあります。
それによって、留学先を決めたりしている人もいるようです。
まぁ大体の日本人はなにも考えずにセブかと思いますが。

欧米との比較

まずは、欧米との英語の違いですが、

  • 発音がアジア訛りに近い
  • 表現がより簡単
  • 独特の言い回し

の3つの観点で訛りがあります。

当然ですが、やはり欧米の方が話す英語に比べて、アジア訛りに近くなります。
発音やアクセントが、欧米とはことなることがあります。

シンガポール、マレーシア、タイ、香港など、多くのアジアの国で話されている英語は、どれも同じではないですが、少し独特のアジア訛りという点で似たように聞こえますよね。
フィリピンもそんな感じです。
一方、同じアジアでも、インドなどとは全く違います。

メリットは、同じアジア人である日本人とって比較的聞きやすいので、初心者の方には欧米の英語よりも勉強にとっつきやすいです。
表現も欧米の方の英語よりも簡単なことが多いので、いきなり欧米の英語よりアジア英語の方が学びやすくていいです。

また、日本の多くの企業で対欧米のビジネスよりも、やはり地理的に近い対アジアとのビジネスが多いですよね。
そんなとき、みんな話していて、一番身近なのはやはりアジアなまりの英語です。
欧米に留学して帰ってきた人で、欧米のきれいな英語は得意だけど、シングリッシュのようなアジア英語は苦手という人がいます。
もちろんグローバルではその方がいいのですが、ただ対アジアで商売をする分には、別にフィリピン訛りの英語に慣れている方が便利だったりします。

ただ、これらは、日本のオンライン英会話など向けでは、かなりトレーニングされて修正されているようです。
特に、Bizmates(ビズメイツ)のような講師の質を徹底的に担保しているようなオンライン英会話だと、全く問題ありません。
安いDMM英会話とかだと、かなり強烈なフィリピン訛りが残っている講師もいますが、Bizmates(ビズメイツ)はきれいな発音の講師が多いです。

⇒フィリピン訛りが少ないBizmatesの無料体験はこちら

フィリピン国内での比較

欧米との違いと同様に、フィリピン国内でも話す英語に違いがあります。
とはいいつつ、そこまで大きい違いはありませんが。

一般的に、マニラやセブなどの外国人が多いエリアでは、よりアジア訛がうすく、それ以外の地方部では徹底的に訛があります。
言い換えると、マニラやセブでは比較的英語がきれい人がいる割合が高くなります。

ただ、留学先としてフィリピンを考えていて、国内の訛りを気にしているとすると、そこについてはそれほど心配する必要はありません。
語学学校で講師を採用する際にある程度スクリーニングしていますし、フィリピンでは地域によらず若い世代ほどきれいな英語を話す割合が高くなるので、心配するほどのことはないかと思います。

フィリピンの留学先として人気が高いのは、

  • マニラ
  • セブ島
  • クラーク
  • バギオ
  • ダバオ

などですが、訛りや英語のきれいさという観点では選ぶ必要はないかと思います。
それよりも、ビーチに近いセブがいいとか日本人比率の少ない都市がいいなどの理由で選ばれる方がよろしいかと思います。

フィリピン英語特有の単語は?

訛りがあるかないかもそうですが、実際にどういう単語がフィリピン英語にあるのかが気になるところかと思います。
ここでは、フィリピン英語特有の単語について、いくつか紹介したいと思います。

Sir(サー)/Ma’am(マアム)

まず、フィリピンにいくと、一番最初に感じるのが、このSir(サー)やMa’am(マアム)といった呼び方の呼称かと思います。
男性ならどこに行ってもSir(サー)、女性ならMa’am(マアム)と呼ばれます。
本来は、イギリスの呼称でSirの称号を持っている人しかSirと呼ばれないのですが、フィリピンにいくと男性ならだれでもSirと呼ばれます。

本来は日本語でいう「~さん」とかに近い呼称なのですが、フィリピンだと名前とセットにせず単独でSir(サー)やMa’am(マアム)が使われ、丁寧な表現になっているようです。

フィリピンでは、男性には「Sir(サー)」女性には「Ma’am(マァム)」という表現をよく使います。人の名前を呼ぶときも名前の前に「Mr.(ミスター)」や「Ms.(ミズ)」を入れて使うことが多くあります。

もちろん、呼称としてのMr.(ミスター)、Ms.(ミズ)なども使います。

comfort room(コンフォートルーム)

comfort roomは、トイレのことです。
comfort roomの頭文字を取って、CR(シーアール)と略して表現することがあります。

通常のrest roomやtoiletなどの表現でも十分に通じますし、大丈夫なのですが、いきなりcomfort roomといわれるとなにそれってなりますよね。
なので、知っておくと便利です。

ちなみに、私は普段はフィリピンでもrest roomやtoiletとかを使いますが、一回興味本位でマニラで、

「Where is CR?」

って聞いてみたら、通じました(笑)
ぜひフィリピン言った記念にやってみてください。

halo-halo(ハロハロ)

halo-halo(ハロハロ)は、フィリピン定番のジュースです。
ファーストフードでも食べられますし、レストランにもあります。

もともとhalo-halo(ハロハロ)はごちゃまぜという意味で、かき氷とミルクをベースにして、各種の果物、甘く煮た豆や芋類、アイスクリーム、ゼリー、ナタデココ、タピオカ、ココナツ、プリン、米やトウモロコシの加工品など、多種多様な材料をごちゃごちゃに乗せられています。

余談ですが、一説によると、このハロハロの期限は日本に関連があります。
起源については諸説あるのですが、明治末期に日本からからゆきさんという方がフィリピンに渡航し、フィリピンで第二の人生として甘味屋の商売を始めたそうです。
その蜜豆などが起源としてその一部は現地文献に残っているそうで、そのゆきさんのお店のものから、一部の具材やアイスクリームなどが現地人により加えられたものと考えられています。

pan de sal(パンデサル)

pan de sal(パンデサル)は、ようするにフィリピンのパンです。

本来、pan de sal(パンデサル)スペイン語だと塩パンという意味ですが、全く塩の味はしません。
むしろ、ほのかな甘みあるのパンです。

コーヒーやチョコレートとも一緒に朝ごはんに食べたりします。
ホテルの朝食バイキングとかにもあります。

buko juice(ブコジュース)

ブコジュースは、ようするにココナッツジュースです。
ブコとはココナッツのことなのです。

ブコジュースは、屋台などで買うことができます。
ココナッツを大量に積んだ屋台を見たら、たいてい買えます。

また、それ以外でも、コンビニなどでも売っています。

sari-sari store(サリサリストア)

フィリピンには、sari-sari store(サリサリストア)という小売店があります。
日本でいうコンビニみたいなもので、フィリピン国内に約100万件あるといわれています。
日本のコンビニが5~6万件程度といわれているので、いかにフィリピン国民に密着した生活の基盤になっているかがわかるかと思います。

サリサリストアは、お菓子やパンなども売っていますが、スマホのSIMカードや送金ができたりもします。

フィリピンには日本と同様にファミマやセブイレなどのコンビニがたくさんあるので、あまり日本人がサリサリストアを利用するメリットはほぼありませんが、一度は興味本位で見に行くとローカルの人の生活が見えます。

フィリピン人の英語訛りは慣れるべき

これから留学する方やオンライン英会話をしようと思っている方で、フィリピン人の英語の訛りに不安を覚える人もあるかと思います。

もちろん前述のように、日本人が通うような英語の語学学校やオンライン英会話では、できるだけ日本人のニーズに合うように欧米に近いきれいな英語が喋れる講師を採用したり、十分にトレーニングしたりしています。
なので、留学しようが、オンライン英会話を受けようが、

「めっちゃなまってて役に立たへんやん!」

ってことはありません。

ただ、結構フィリピン訛りの英語に慣れると便利なので、おすすめではあります。

いや、もちろん欧米としか仕事しないとか、投資銀行みたいにきれいな英語が話せる人しかいないような環境で仕事をしているなら、話は別です。
そういうひとはさっさとアメリカのMBAに留学してください。
フィリピン留学やオンライン英会話では、ものたりないと思います。

そういう人はおいといて、たいていの日本のビジネスマンは、やはり一番多いのはアジアと仕事する機会なのではないかと思います。
また、オフィス内にも、多くのアジア人がいるかと。

そんな環境で、本当に実用的な英語は、欧米のきれいな英語ではなく、アジアになまった英語を聞き取れることです。
どんなに欧米でトレーニングしていても、フィリピンとかシンガポールとかではなされるようなちょっとなまった英語が全然わからないと、アジアでのビジネスには使い物にならないですよね。

なので、実はビジネスの実践という観点では、フィリピン英語の訛りが汚いかなんかより、汚い訛りがそもそもあるアジアでサバイブするために必要な英語として慣れるべきだと思います。

フィリピン訛りが気になる方におすすめのオンライン英会話3選

フィリピン訛りがどうしても気なる方は、いきなり留学とかせず、一度オンライン英会話でどんな感じか試してみることをおすすめします。
別に有料会員にならなくても、どこも1回目は無料で体験できるので。

おすすめは、

の3つです。

できれば3つとも無料体験をしてみるとよいかと思います。
どうせただなので。

他にも、DMM英会話などオンライン英会話にはいろんな会社がありますが、いまいちパッとしないので、とりあえずいまのところ上記の3社を試してみる感じがいいです。
パッとしないというのは、

  • 値段
  • 予約などの混雑具合
  • 満足度
  • 評判

などの観点からです。

どう考えても、Bizmates、レアジョブ、産経オンラインが今時点ではオンライン英会話では先行しています。
これで3社とも無料体験してみてダメだと思ったら、そもそもオンライン英会話はだめというか、向いていないので、別の手段を考えるとよいかと思います。

オンライン英会話に限らず、フィリピン英語があってないかもしれないので、留学もやめた方がいいと思います。
別の留学先を検討してください。

まとめ

今回は、フィリピン英語の訛りはどういうものかの特徴や実際を解説してきました。

たしかに、欧米と比べるとフィリピン訛りはありますが、留学やオンライン英会話をする分には十分にトレーニングされた講師が採用されているので問題はありません。
特に、都市部だったり、比較的若い層の英語は、きれいなことが多いです。

もし心配だったら、まずオンライン英会話の無料体験をしてみて、自分がフィリピンの英語にあっているかみてみたらいいと思います。

また、欧米の英語にそこまでこだわりすぎず、対アジアでビジネスをするという観点では、多少のアジア訛りは、むしろいいトレーニングになります。
その意味で、あえてフィリピン英語に飛び込んでいくのも、実践的な英語を身に着けるひとつの戦略です。

⇒フィリピン訛りが少ないBizmatesの無料体験はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です