ヤンゴンのJunction Cityがめっちゃ近代的!

ヤンゴンに新しくできためっちゃきれいなショッピングモール、Junction City(ジャンクションシティ)に行ってきました。
新しくといっても、2017年3月27日オープンなので、もう1年ちょっと前ですが。
今回ミャンマーにきたので、はじめていってきました。

セブイレとかファミマすらないミャンマーに、こんな近代的なショッピングモールができるなんて、すごいなと。

Junction Cityって?

Shwe Taung Groupがミャンマーで展開するショッピングモールです。
「Junction〜」とJunctionのブランド名?がついているショッピングモールは、これまで

  • 8mile
  • Maw Tin
  • Zawana
  • Square

の4つがヤンゴンにありました
首都のネピドーにいくと、Nay Pyi Tawというのもありますが、ヤンゴンではこの4つでした。

それに、新しく2017年に追加されたのが、Junction City(ジャンクションシティ)です。
ヤンゴンのスーレーエリアにあります。
シャングリラとかサクラタワーからも歩いて5分くらいのところです。
ボージョ―・アウンサン・マーケットからもすぐ近くですね。

パンパシフィックホテルとは、つながっています。

ちなみに、Shwe Taung Groupは、2014年から日本の東急建設と合弁会社「GOLDEN TOKYU CONSTRUCTION」を作っているのですが、東急建設もミャンマーでの不動産開発に乗り出しているんですね。
東急建設グループって、渋谷の開発のイメージしかない人も多いかと思いますが、シンガポール国際会議展示場や、バンコク国際空港など、積極的にアジアに出てます。

中はめっちゃきれい!

ということで、Junction City、行ってきました!

入ると、シンガポールとかバンコクのちょっと小さいショッピングセンターにいるみたいです。
FURLA、D&G、アルマーニ、Coachなどのブランドも入っています。
価格は、そんなに安くないですし、まだまだミャンマーの賃金はめちゃくちゃ低い中、買える富裕層もいるってことですね。

ミャンマーのイメージとは違う、かなり近代的な感じです(笑)

CINEMA JCGVっていう、映画館まであります。

一歩外にでると、こんなローカルな感じなのが、ミャンマーっぽいです。

レストランとかはどう?

フードコートもありますし、レストランもたくさんあります。
私みたいにミャンマーにきて、ミャンマー料理を食べない人には、超ありがたい場所です(笑)

ちなみに、ケンタッキー、行ってきました↓↓

KFCの他にも、一風堂やCRYSTAL JADE(中華料理)、Fuji(日本料理)などもあります。

無料WiFiもある?

無料WiFiもあります。
「Junction City」というSSIDにつなぐと、利用できます。

まとめ

ミャンマーって、まだまだくらいところのイメージがあります。
ミャンマーに行くと知り合いとかにいうと、めっちゃ発展途上国にいく感じのリアクションがあります。

でも、Junction City(ジャンクションシティ)もそうですが、かなり開発されてきていて、全然他の東南アジアの国と変わらなくなってきています。
あんまり最近ミャンマーのマーケットへの投資は盛り上がってる感じがないですが、個人的にはこれから結構楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です