スタディサプリENGLISHの最新のキャンペーンコードを発見!無料体験期間を1週間から1か月に延長できるコードはこれだった!

スタディサプリを最近CMでよく見るので、たまには英語の勉強でもしてみるかと思って使ってみようといろいろ調べていたら、キャンペーンコードという面白いものを見つけました!
キャンペーンコードを使ってスタディサプリENGLISHに申し込むと、

無料体験期間が1週間⇒1ヶ月間に延長

できるというものです。
大したメリットじゃないですけど、1か月間試しに使ってみるとかがでて、慎重に検討したい人にとっては便利かもしれません。

そして、肝心のキャンペーンコードはなにかということですが、スタディサプリENGLISHは時期によってころころ変わったり何かを買わないと貰えないものではなく、「TRY2016」と決まっています。
2016とあるのでちょっと古いコードなんじゃないのかなと思うかもしれませんが、「TRY2016」は、2018年以降もちゃんと使える最新のキャンペーンコードです。
わたしも半信半疑で、実際に使ってみたのですが、本当に使えました。

スタディサプリENGLISHを最安値で申込みできるのはこちら

少しややこしいのですが、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは、

  • 日常英会話コース⇒キャンペーンコードあり
  • TOEIC® L&R TEST対策コース⇒キャンペーンコードなし

と、スタディサプリENGLISHの日常英会話コースにのみ適用できます。
残念ながら、「スタディサプリTOEIC® L&R TEST対策コース」の方は、キャンペーンコード自体が存在しないみたいです。

今回は、そんなスタディサプリENGLISHのキャンペーンコードについて、いろいろまとめてみたいと思います。

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードとは?

そもそもスタディサプリENGLISHのキャンペーンコードというのがなにかというところから、解説していきたいと思います。
キャンペーンコードということで、なにかお得になりそうですよね。
スタディサプリだけでなく、よく格安SIMとかスマホであります。

ただし、mineoやUQモバイルのようなキャンペーンコードのある格安スマホと違うのは、スタディサプリENGLISHでいうと、割引ではなく、無料体験期間が延長されるという特典だったりします。
残念ながら割引ではないんです。

では、ここでは、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードについて、詳しくみていきたいと思います。

特典内容

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードの特典内容は、無料体験期間が1週間から1ヶ月に延長されます。
具体的には、

  • 内容理解クイズ
  • ディクテーション
  • レベル別ドラマ式レッスン(レベル1〜7)

といった月額980円の有料会員で使えるコンテンツを、すべて1ヶ月間無料で使い放題にすることができるという特典になっています。

「なんかありがたいような、どうでもいいような(笑)」

という感じですよね。。
ポジティブに解釈すれば、無料体験期間が1週間だけですと、仕事などさまざまな用事が入って結局何も試せずに有料会員に切り替わってしまうことも多いですよね。
無料体験期間が1ヶ月もあると、そういう心配なく、しっかりと無料体験期間にスタディサプリEnglishを試して、本当に必要かどうか、続けられるかなどを考えた上で、有料会員になることができるというものです。
なので、いるかどうかと言われると微妙なところですけど、ちょっとでもお得感を感じたい人の自己満足レベルかもですね。

スタディサプリENGLISHを最安値で申込みできるのはこちら

有効期限

次に、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードの有効期限です。
「TRY2016」がいまでも使えていることからわかるかもしれませんが、有効期限は未定です。

2016年以降、スタディサプリENGLISH 日常英会話コースのキャンペーンコードは、ずっと「TRY2016」になっています。
一時期使えない時期があったのですが、2018年4月以降は、「TRY2016」は再度有効なキャンペーンコードとして復活しました。
なので、また「TRY2016」が使えなくなることは一時的にあるかもしれませんが、また復活するときには、「TRY2016」の可能性が高いかと思います。

完全に想像ですが、設定を変えたり、システムの改修(?)をするのがめんどくさいのではないかと。
たしかに、大した割引でもないですし、そのまま使っておけばいいやという感じなのかもしれませんね。

入手方法

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードコードは、「TRY2016」です。
それから変わったことは、いままで一度もなさそうですし、前述の通り一旦休止したことはありますが、新しいキャンペーンコードにならずに復活したので、今後もこのキャンペーンコードが使われ続ける可能性が高いかと思います。
なので、入手方法というものは特になく、「TRY2016」を申込画面に入力すれば特典は適用されます。

ただ、少し注意したいのが、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは、

  • 日常英会話コース⇒キャンペーンコードあり(「TRY2016」)
  • TOEIC対策コース⇒キャンペーンコードなし

と、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは、日常英会話コースだけにあるものです。
TOEIC対策コースにはキャンペーンコードが存在しません。

適用条件

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードを使って、無料体験期間を延長させるには、以下の適用条件を満たす必要があります。

  • コース:日常英会話コース
  • 料金プラン:月額払いのみ
  • 支払い方法:クレジットカード/キャリア決済
  • 適用上限数:上限に達するとキャンペーンは終了
  • その他:リクルートID一つにつき1申し込みのみ適用

いろいろあるように思われるかもしれませんが、ようするに、

「日常英会話コースを月額払いで申し込みをすればキャンペーンコードは使える」

と考えてOKです。

スタディサプリENGLISHには、

  • 月額払い
  • 12ヶ月払い

の二つの料金プランがあります。
このうち、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは、月額払いのみに使えます。

こんな感じで、もし12ヶ月払いにすると、

「キャンペーンコードと12ヶ月プランは併用してご利用いただけません」

となります。
というのも、月額料金が、

  • 月額払い通常980円×12ヶ月=11,760円
  • 12ヶ月払いだと980円×10ヶ月=9,800円

と、12ヶ月払いの方が月額払いに比べて2ヶ月分安くなります。
なので、12ヶ月払いではキャンペーンコードは併用して使えないということになっています。

「TRY2016」を実際に使ってみた!

キャンペンコードが「TRY2016」なので、なんとなく2016年度の無料体験期間用のキャンペーンコードと思えてきます。
なので、実際に使ってためしてみました!

スタディサプリENGLISH 日常英会話コースの申込画面で、TRY2016を入力してみると・・・、

クーポンコードが「あり」、クーポン番号が「TRY2016」となり、TRY2016のキャンペーンコードが有効だということが分かります。
いろいろ調べてみると、2018年1月ごろに一度、TRY2016のキャンペーンコードは無効になったようなんですが、2018年4月以降は再度、TRY2016のキャンペーンコードが有効になっています。

2018年になったから、キャンペーンコードが「TRY2018」になったんじゃないかと思って、キャンペーンコード入力欄に「TRY2018」と入力してみたところ、

という感じで、エラーが発生しましたと表示されます。
ということで、スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは、2018年以降も依然として、TRY2016が有効になっています。

スタディサプリENGLISHの無料会員と有料会員の違いは?

スタディサプリENGLISHでキャンペーンコードを利用すると、有料会員(プレミアムサービス)の無料体験期間が1週間から1ヶ月に延長されます。
無料会員と有料会員の違いは、コンテンツの種類と数です。
この無料会員と有料会員がどう違うのかについて、もう少しみていきたいと思います。

無料会員

まず、スタディサプリENGLISHでリクルートIDを登録すると、無料会員になれます。
無料会員だと、一応は管理画面が付与されますが、レッスン数は1,500レッスンあるうちのたった7レッスンしか使えず、ほとんど何もできません。
もう少し具体的には、無料会員は、

  • 月額料金(税抜):0円
  • レベル:7レベル
  • 受講可能レッスン数: 7 レッスン
  • リスニング力判定:×
  • クイックワードクイズ(単語力を鍛えるトレーニング):×
  • 音声変化ディクテーション(聞き取りを鍛えるトレーニング):×

となっています。
レッスン数が少ないだけでなく、リスニング力判定も、クイックワードクイズも音声変化ディクテーションも使えません。

有料会員(プレミアムサービス)

有料会員(プレミアムサービス)になると、1,500以上のすべてのレッスンが受講できるようになります。
具体的には、

  • 月額料金(税抜) 980円
  • レベル:7レベル
  • 受講可能レッスン数:1,500以上の全てのレッスン
  • リスニング力判定:○
  • クイックワードクイズ(単語力を鍛えるトレーニング):○
  • 音声変化ディクテーション(聞き取りを鍛えるトレーニング):○

となっており、スニング力判定、クイックワードクイズや音声変化ディクテーションも使えるようになります。

キャンペーンコードの入力方法・利用方法

スタディサプリENGLISHの入力方法を、実際の申込画面を見ながら解説していきたいと思います。

スタディサプリENGLISHの申込画面から、7日間無料体験へというボタンを押すと、上記のような支払い方法登録画面が現れます。
赤枠の所にキャンペーンコード「TRY2016」を入力すれば、キャンペーンコードが適用されます。

実際にうまくキャンペーンコードが適用されているかは、申込み内容の確認画面で確認できます。

申し込み内容の確認画面では、上記のように、

  • クーポンコード:あり
  • クーポン番号:TRY2016

と表示され、ちゃんとキャンペーンコードが適用されていることが確認できます。
もし、間違ったキャンペーンコードを入力すると、エラーが発生しましたとか、キャンペーンコードと12ヶ月払いプランは併用できませんといった表記がされて、そもそも上記の申込み内容の確認画面に進むことができません。

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは小中高生向けのコードとは別?

スタディサプリには、大人向けのスタディサプリENGLISHと、小中高生向けのスタディサプリがあります。
スタディサプリENGLISHにも、小中高生向けのスタディサプリにも、キャンペーンコードはあります。
ただし、それぞれ、

  • スタディサプリENGLISH⇒TRY2016
  • スタディサプリ 小中高生向け⇒時期によって変わる

となっていて、別もののキャンペーンコードになります。
ちなみに、小中高生向けのスタディサプリのキャンペーンコードは、こちらの申し込みページにアクセスして、入手します。
2018年4月11日(水)9:00~2018年5月31日(木)23:59で開催中の2000円キャッシュバックキャンペーンのキャンペーンコードは、「AM11HS」です。
ただし、繰り返しになりますが、時期によってキャンペーンコードは異なるので、最新情報は上記の申し込みページを確認してください。

まとめ

スタディサプリENGLISHには、キャンペーンコードというものがあり、キャンペーンコードを利用すると、無料体験期間を1週間から1ヶ月に延長させることができます。
そして、スタディサプリENGLISHの最新のキャンペーンコードは「TRY2016」です。

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードは、2018年以降もずっと「TRY2016」です。
つい最近も、スタディサプリENGLISHの申し込みページで、「TRY2016」を入力して、キャンペーンコードが使えることを確認したので、「TRY2016」がいまだ有効なコードであることは間違いありません。

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードについて、整理すると以下のようになります。

  • 適用コース:スタディサプリENGLISH 日常英会話コース
  • 特典内容:無料体験期間が1週間⇒1ヶ月に延長
  • 有効期限:2016年〜終了日未定
  • 適用条件:月々プランのみ(12ヶ月プランは不可)
  • 入力方法:無料会員登録の支払い方法の登録画面でTRY2016を入力

スタディサプリENGLISHのキャンペーンコードで注意したいのが、日常英会話コースでは使えますが、TOEIC対策コースでは使えないというところです。
スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースには、キャンペーンコードは存在しないです。

また、ちょっと分かりにくいのは、スタディサプリENGLISH 日常英会話コースのキャンペーンで、

  • Amazonギフト券1,000円分プレゼント
  • 月額料金980円⇒740円に割引

は、キャンペーンコードとは併用できないという点です。
Amazonギフト券1,000円分、月額料金980円⇒740円といったスタディサプリENGLISH 日常英会話コースのキャンペーンは、12ヶ月払いのみ利用可能だからです。
反対に、キャンペーンコードは、12ヶ月払いでは利用できず、月額払いのみで使えます。
というわけで、スタディサプリENGLISH 日常英会話コースを12ヶ月払いをいきなりじゃなくて、月額払いで始めたいという方については、キャンペーンコードを使う方がベターです。

⇒スタディサプリENGLISHを最安値で申込みできるのはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です