東京三田倶楽部に入会してみた!帝国ホテルにある三田会の会員制サロン

実は、今年1月から東京三田倶楽部に入会してみました。
帝国ホテルにある三田会の会員制サロンです。
日比谷あたりで、打ち合わせに使ったり、ゆっくりご飯食べながらWiFiが使えるところを確保したいなと思っていたら、ちょうどたまたまご縁があり、入れて頂きました。

東京三田倶楽部とは?

日本に数多くある慶応大学のOBOGが組織する三田会のひとつです。
その中でも、東京三田倶楽部は、帝国ホテルにサロンを持っている会員数900人の大規模な三田会です。
昭和49年からあるらしく、私が生まれる前からの長い歴史があります。

帝国ホテルにあると行っても、中は極めて普通。
むしろ、向かいになか田やなだ万など名だたる高級店があるのに、ここは結構質素な感じです。
本当に昭和の匂いが漂い、飲み屋とも喫茶店とも違う独特の雰囲気が流れています。
アメリカンクラブやアークヒルズくらぶみたいな富裕層向けのサロンとは全然違いますね!

会員は、いろんな委員会に入る必要があります。
国際交流とか、企画とか、広報など7つの委員会があります。
このあたりJCなどの組織と似ているのかもしれませんし、掛け持ちされている方もたくさんいらっしゃるようです。
ちまみに、私も委員会に入ってはいるのですが、特に連絡や呼び出しがあるわけではなく、実質的になにも活動はしていません。
熱心な方がやられているようです。
著名な方を読んできてのイベントもしょっちゅう行われているようですが、まだ行ったことがありません。

銀座にもうひとつBRBという慶應のOBOGの会員制バーがあるらしいのですが、そことの違いはよくわかりません。
BRBの方は行ったことないのですが、若干会費が安いみたいです。

どうすれば入れる?

意外とこれが難しいんです(笑)
東京三田倶楽部に入会するには、

  • 会員2名の推薦
  • 面接

があります。
面接は、東京三田倶楽部のことについていろいろ説明頂き、ざっくばらんに雑談する程度なので、よっぽど怪しいネットワークビジネスや宗教系の人以外は落ちることはなさそうです。
とはいいつつ、たまに落とすらしいんですが。

問題は、この推薦人2名。
会員が全国に900人くらいしかおらず、しかも結構ご年配。
そうすると、既存の会員の方と知り合いになるのって、かなりレアなんです。
私はたまたま知人が会員で、そのつながりでご推薦頂きましたが、そういうケースでもない限り、なかなか見つかりません。

また、無事、会員2名の推薦や面接を通っても、結構入会書類がまた硬い!
入会動機とか書かないといけないんです。
写真も添付して、まるで就職試験みたいな。

それで、そのあと総会?なんかの委員会?に付議されて、そこで承認を頂いて初めて入会できるみたいな。
結構ハードル高いです。
会員の高齢化が進むのも無理はありません。

会費はどれくらい?

また、多分数多くある三田会の中で、この東京三田倶楽部がトップクラスに会費が高いです。
まじで結構高いです(笑)

  • 入会金10万円
  • 預託金10万円
  • 年会費6万円

となっています。
たぶん、他の三田会だと、年会費が1万円くらいですし、入会金などがいるところはありません。
もちろんサロンが使えるので、その分はあるんですが。
普通のサラリーマンでは結構厳しいと思うので、必然的に経営者や士業の方の会員が多くなりそうです。

会員はどんな人?

東京三田倶楽部ってどんな人が会員なのかよく聞かれます。
オリラジの中田がテレビで発言したことで、余計に謎めいた組織になっています。
でも、普通の人で、他の三田会とそんなにいる人が違うわけではありません。
国会議員がいるわけでも、芸能人がいるわけでもありません。
ただ、金持ちは結構いそうです(笑)
私もそんなに多くのひとと関わっていないのでなんともいえませんが、どこかの会社役員、弁護士、会計士などの方が多そうなイメージです。
会員のほとんどは50代以上のご年配層。
若い世代もいますが、最近徐々に増えてきた感じですね。

開館時間は?

昼から夜までずっと空いています。
なので、結構平日、ビジネス関係で人と会うときなどにも、活用させてもらっています。

  • 月曜から木曜:11時半〜22時半
  • 土曜:貸館利用のみ

日曜や祝祭日は使えません。
東京三田倶楽部の会員しか基本的には使えませんが、いろんな三田会が貸館利用で使うこともあるみたいです。

まとめ

昔大阪で大学院生をやっていたころ、大阪慶應倶楽部という組織に縁あって顔を出していました。

「どうせ大学のOBOG会って年寄りばっかなんでしょ」

と当時思っていたのですが、若手会の形成されている大阪三田倶楽部では、20代の人が何十人も。
結構いいつながりで、東京に戻ってきても、そのときの知人とはいまだにたまに飲みにいくことがあります。
そこで出会った人とハノイであったこととかもありました。
意外と大学のOBOG組織は、顔を出しておくのがオススメです。

今回、慶應三田倶楽部に入ってみて、特に場所を使っている程度なので、あまりいろんな人と交流しているわけではないのですが、それでもいろいろおもしろい方もいます。
場所も便利ですし、総じて満足気味です。

まぁそれはさておき、東京三田倶楽部は、ネットでよく書かれているようなフリーメイソンでも影の実力者でもなく、普通のサロンですね。
老朽化する帝国ホテルの中で、いつまであるかわかりませんが。
日比谷で、いつ行っても予約せずに待ち時間なしで利用できて、しかもフリーWiFiがあるんで、めっちゃ便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です