セブのバックパッカー向けのゲストハウス・安宿・格安ホテルまとめ!日本人経営のところも5つでドミトリーもあり!

今回の出張では、セブでゲストハウスをいくつか宿泊してきました!
せっかくなので、体験談やその他のゲストハウスも含めて、セブの安宿事情をまとめていきたいと思います!

「セブでゲストハウス経営とかおもしろそうじゃね?」

という安易なアイデアから、せっかくセブに行くので、学生気分に戻って、安宿に泊まってみようよということから、いろいろ回ってきました。
さすがにもうこの歳では、1泊1,000円くらいの安宿は結構きつかったです(笑)

なので、途中でさすがにより仕事しやすい環境を求めて、マクタン島にあるリゾートホテルに移ったのですが、それはそれでセブ市内まで1時間かかるのと、しかもタクシーがぼってくるので、生産性が上がったのか疑問な感じでした。
まぁそんなことはどうでもいいので、まとめていきますー!

Caravan(キャラバン)

まず、最初に泊まったのは、このCaravan(キャラバン)という日本人経営のゲストハウス。
このあと紹介するTransit Guest Houseとめちゃくちゃ悩んで、結局コワーキングスペースの近いITパーク直ぐ側という場所が決めてとなり、宿泊することにしまた。

ただ、、、これが、過去最高にひどい。。
いままででワーストかもしれないです。

ホームページを見た感じでは、そこそこきれいそうなんです。
たしかに、日本人経営のゲストハウスで、そんなに汚いところってないですよね。
しかも、ドミトリーも、よくある感じの2段ベッドじゃないので、めっちゃ快適そうです!

ところが、これが最強に終わってるゲストハウスで、たった1泊で残りの宿泊費を放置して、移動しました。
何がそんなにひどいかというと、

  • 鍵がまったくない(部屋だけじゃなく、建物自体も!強盗入り放題!)
  • とにかく掃除がされていない!
  • ホットシャワーが出ない!
  • くさい!
  • 管理人が誰もいない!

なんていう、まさかまさかの連続です。
百歩譲って、きたないのとか、くさいのとかは許せます。
まぁそれも、許せないレベルの汚さで、結構貧困国のバックパッカー向けの安宿になれてないときついです。

それ以上に、セブはフィリピンで、やっぱり犯罪もそれなりにあります。
なのに、一切鍵がないのと、管理人すらいない完全放置です。
日本人オーナーからしたら、できるだけ手を掛けたくないのはわかりますが、これはやり過ぎレベルです。
まじで、危ないです!
たまたまいままで何も事件が起きてないだけで、絶対いつか起きる気がします!
日本ですら、鍵を全く閉めずに過ごすのは怖いじゃないですか!
それが、フィリピンでですよ。
しかも、オーナーも現地スタッフも誰もいない。

部屋も、一応こんな感じです。
一見きれいに見えるのですが、掃除は全然されていません。
ほこりまみれ、前の人?が残したお酒が残っていたり、ぐちゃぐちゃです。

あとは、一応場所的にもITパークに近いですが、途中は暗くて思い切り怖いです。

こんな細くてくらい道を、車がガンガン通ります。
キャリーバッグだと、ぼこぼこの道過ぎて、つらいです。
タクシーも通りはしますが、ほとんど捕まりませんので、いちいちITパークまでこの道を歩くしかありません。

宿泊料金は、4人部屋で、

  • 1泊380ペソ(4週間〜)
  • 1泊480ペソ(1週間〜4週間未満)
  • 1泊580ペソ(1週間未満)

です。
安いといえば安いですが、コスパは最悪です。
こころから、オススメしません。。

→Caravan

Transit Guest House(トランジットゲストハウス)

Caravan(キャラバン)から逃げて泊まったのは、このTransit Guest House(トランジットゲストハウス)。
ホットシャワーが出ないことと、クーラーがないことを除くと、めちゃくちゃいい感じのゲストハウスです!

こんな感じで、Gaisano Country Mallから歩いて3分くらいのビレッジの中にある一軒家が、Transit Guest House(トランジットゲストハウス)になっています。
小さいですが、自由に使えるプールもあり、かなり快適な地区にあるので、まるでフィリピンじゃないかのようです。

これが外観なのですが、そこそこ大きい一軒家を、賃貸で借りておられて、それをゲストハウスとして貸し出している感じです。
世界をバックパッカーで回っていた日本人夫婦が経営していて、そこにお手伝いの日本人の方もいらっしゃいます。
ちゃんと日本人が住み込みで管理しているので、めちゃくちゃキレイです。
Caravan(キャラバン)とは大違いです!

中庭もあり、左の離れがシングル、右がドミトリーとオーナー夫妻が住む建物になっています。
さすがに、今回はもうドミトリーは無理ってことで、シングルにとまりました!

こんな感じでシングル2部屋が離れにあります。
中は、至ってシンプル。
エアコンがないのだけが傷です。

このトランジットゲストハウスは、朝食がついてきます。
パンとコーヒーですが、フィリピンのゲストハウスでは珍しいです。

料金は、1泊シングルで、550ペソ〜770ペソ。
ドミトリーでも550ペソだそうです。
あとは、特徴的なのは、ボランティアスタッフ制度というのがあり、宿泊費は負担してあげるから、無料で管理を手伝うという制度もあります。
ちょうど私が泊まっていたときは、日本の方で子育てが落ち着いて海外を回っている方がお手伝いとして滞在されていました。

→Transi Guest House

ちなみに、このあとは、普通にマクタン島のリゾートホテルに移ったので、ここから紹介するゲストハウスや安宿は泊まっていません。

ゲストハウスのどか

のどかもCaravanやトランジットと同様、日本人経営のゲストハウスです。
何故か日本受付があって、しかも宮城県仙台市にあるワールドライフという会社。
よくわかりません。

場所はセブ州庁舎、いわゆるCapitolの近くで、iiofficeなどがあるエリアですね。
場所的にはそんなに悪くないです。
シングルが1泊1500ペソくらいみたいですが、常に30%オフをやってるっぽいので、問い合わせて見たほうがいいですね。
それにしても、サイトがわかりづらいです。。

→のどか

+63 917 798 7658
6014 Mandaue City
855 A.S. Fortuna St. Banilad

Deeゲストハウス

ほとんどの安宿は、セブシティにあるのですが、マクタン島にも1つだけ日本人経営のゲストハウスがあります。
それが、このDeeゲストハウスです。
ドミトリーが1泊500ペソから。

空港の近くなので、深夜や早朝のフライトを使う人にオススメです。
ただ、マクタン島だからといって、リゾートをイメージしないほうがいいです。
マクタン島のリゾートは、完全にホテルのプライベートビーチだけ。
ホテルの敷地を一歩でたら、そこはフィリピンです。
マクタン島でリゾートを満喫したいなら、リゾートホテルに泊まる方がいいです。
まして、このゲストハウスは、本当に空港に隣接したエリアなので、マクタン島でも内陸部分。
ビーチまで出るのに、タクシーで結構時間がかかります。

→Deeゲストハウス

FEEL AT HOME(フィールアットホーム)

Feel at Homeも日本人経営のゲストハウスです。
ゲストハウスというより、元リクルートのジャックさんという留学エージェントをされている方が、自宅をAirbnbで貸し出している感じのところです。
タランバン地区にあるビレッジ内の1軒屋で、シングルが1泊850ペソです。

Sto. Nino Villege Banillad
0915-642-4012

Tropial Hostel Cabu center(トロピカルホステル セブセンター)

トロピカルホステルは、マボロ地区にあり、1泊ドミトリーが295ペソからで、個室ももちろんあります。
場所が結構いいですし、近くにモールもあるので、便利です。
Hostel WorldやAgodaなどのサイトでのレビューがやたら高いのが特徴的です。
めちゃくちゃレビューが高いので、我々も最初はここに泊まろうかと話していたくらいです。

+639177743484
1571 2/F Bldg 2, Mj Cuenco Avenue ; Mabolo (Beside Persimmon)
, セブシティ, フィリピン, 6000
https://www.facebook.com/tropicalhostelcebu/

Cebu Guesthouse(セブ ゲストハウス)

セブゲストハウスは、アヤラモールやマンゴストリートにも近く、セブシティで遊ぶには絶好です。
遊ぶには絶好なんですが、あまりガラのいい場所ではないようで、ちょっと汚かったという感想を何度か聞きました。
便利かもしれませんが、あまりマンゴアヴェニューにはとまりたくないですね。
1泊ドミトリーが350ペソからです。

211 Mango Avenue
Cebu City, Cebu 6000
032 233 6010
→セブゲストハウス

Le Village Guesthouse & Bar(ル ヴィレッジ ゲストハウス & バー)

このゲストハウスもアヤラモールに近く、非常に便利な場所にあります。
ゴロルドアヴェニューなので、アヤラモールから歩いて行ける距離ですね。
ただ、場所がいいだけという意見もちらほら。
1泊ドミトリーが450ペソから。

84, Gorordo Avenue, Cebu

Balay Bakasyunan Boutique Hostel(バライ バカシュナン ブティック ホステル)

バライ バカシュナン ブティック ホステルも、アヤラモールに近く、場所は非常にいいです。
ただ、あまりレビューは高くないためか、私のまわりでも泊まったことがある人を見たことがありません。

No. 4 Jade Street Gemsville Subdivision, Lahug, Cebu City

まとめ

結局、セブでゲストハウス経営は断念です。
というのも、圧倒的に赤字になるからです。
もちろん、それでも、Transi Guest Houseの方みたいに、バックエンドで留学エージェントを売れれば黒字なんだと思います。
その仕組みを作ることはそんなに難しくなさそうで、しかもそこからの事業の展開も考えられます。
なので、一瞬やろうかなとも思ったのですが、適当なスタッフを雇って送り込むだけではそこまでの仕組みは当分回らない気がするので、そうするとしばらくの間は、1ヶ月の大半をセブに張り付かなくてはならないのかなと。
それはさすがに厳しいので、当分はできそうにないですねー。
できれば、やる気のある学生とかに、資金を援助してやらせてあげたいですが、そういう人も周りにいないですし。
もろもろいまやっている事業とかが落ち着いて、またセブに行きたくなったら、考えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です