ブックメーカー投資はいくらから賭けられる?ミニマムベット(最低掛け金)と最低入金額を比較!

ブックメーカー投資を始めるにあたり、よく聞かれるのがいくらから賭けられるのかというミニマムベット(最低掛け金)です。
たしかに、ブックメーカー投資が流行ってきて、しかも結構勝ちやすいという噂が広がっているので、みんなやろうとするのですが、ミニマムベット(最低掛け金)が高かったらなかなか手がでませんよね。
あと、ついでに気にしておくといいのが、最低入金額ですね。
いくらミニマムベット(最低掛け金)が安くても、最低入金額が高ければ、ちょっと試しにやってみるというのができにくくなります。

⇨【日本語可】ウィリアムヒルのフリーベット(ただで賭けられるやつ)がもらえる登録先はこちら

当然ですが、ミニマムベット(最低掛け金)はブックメーカーのサイトによって異なります。
今回は、そんなブックメーカーのミニマムベット(最低掛け金)と最低入金額について、解説していきたいと思います。

ブックメーカー別のミニマムベット(最低掛け金)

まずは、ミニマムベット(最低掛け金)です。
主要なブックメーカー別のミニマムベット(最低掛け金)は、

となっています。

ウィリアムヒルが一番安くからベットできて、為替レートにもよりますが4円程度になります。
また、ウィリアムヒルについては、「ブックメーカー初心者のためのウィリアムヒルの総まとめ!違法性・還元率・維持費用・サポート・支払い方法とか結局どうなの?」に詳細をまとめてあります。

ブックメーカー別の最低入金額

次に、いくらミニマムベット(最低掛け金)が安くても、最低入金額が高いと、これからブックメーカー投資をする方がちょっとためしにやってみようというのが難しくなりますよね。
そこで、ブックメーカー別の最低入金額は、

となっています。
為替レートにもよりますが、大体1,000円から4,000円弱となっています。
ベット自体はもう少し安い金額からできますが、大体これくらいの金額から入金が必要なので、実質的にちょっと試しにやってみるために必要な最低金額は、大体1,000円から4,000円弱といえます。

まとめ

今回は、ブックメーカーのミニマムベット(最低掛け金)と最低入金額について、まとめました。
もちろん時期や為替レートによって、若干の変動はありますが、それでも安い金額からベットできることが、ブックメーカーの特徴です。
株やFXをやるために、何万円も用意せずにやってみることができます。

⇨【日本語可】ウィリアムヒルのフリーベット(ただで賭けられるやつ)がもらえる登録先はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です