バンコクのスワンナプーム空港で帰国前にシャワーを浴びる方法!一番オススメはPriority Passで使える「ミラクルラウンジ」!

バンコクから東京に帰国する際、深夜便を使うことが多いかと思います。
大体1日中バンコクで動いたあと、23:30発のJL718とか23:50発のTG642に乗ったりするので、やっぱり乗る前にシャワー浴びてさっぱりしてから、機内でぐっすり寝たいものです。

実は、意外と出張族とか何度もバンコクに行く人以外には知られていませんが、バンコクのスワンナプーム空港には、シャワーが浴びれるラウンジがあります。
今回は、そんなバンコクから帰国前のシャワーについて、まとめたいと思います!

バンコク・スワンナプーム空港でシャワーが使える場所はどこ?

バンコクのスワンナプーム空港でシャワーが浴びれる方法は、

  • ミラクルラウンジ(miracle lounge)
  • ノボテルスワンナプームホテルのフィットネスジム併設のシャワーが400バーツで利用可能
  • Chang Foot Massage & Spaでシャワーのみ借りる
  • Express Spaを利用する

などです。
スワンナプーム空港に慣れている人の多くは、ホテルとかスパとかめんどくさい借り方をせず、ミラクルラウンジ(miracle lounge)を使います。
Priority Pass(プライオリティパス)で無料で使えますし、持っていなくても1,000円程度払えば使うことができます。
なので、エコノミークラスでラウンジが入れないという人でも、全然余裕でシャワーを浴びることができるのが、スワンナプーム空港なんです。

ちなみに、少し余談ですが、スワンナプーム空港には、Priority Pass(プライオリティパス)が使えるラウンジが、

  • MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE:コンコースA, Block 2, 3階
  • MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE:コンコースC, 3階
  • MIRACLE BUSINESS CLASS LOUNGE:コンコースD, D5の向かい側、3階
  • MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE:コンコースD, D6の向かい側、3階
  • MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE:コンコースF, 3階
  • MIRACLE FIRST CLASS LOUNGE:コンコースG, 3階と4階
  • OMAN AIR FIRST & BUSINESS CLASS LOUNGE:コンコースE, West side, 3階
  • AIR FRANCE – KLM SKYLOUNGE:コンコースF, 3階

などたくさんあります。
ミラクルラウンジ(miracle lounge)は昔はCIPラウンジと呼ばれていましたが、名前が変わりました。
成田空港とか羽田空港と比較すると、段違いに多く、巨大空港ですね。
OMAN AIR FIRST & BUSINESS CLASS LOUNGE以外は、全て24時間営業です。

バンコク市内のシャワーは可能?

空港まで行く前に、バンコク市内でシャワーを浴びたいというひともいるかと思います。
ただ、バンコク市内でシャワーを浴びたいのは浴びたいけど、

「滞在最終日、もうホテルはチェックアウトしていて部屋が使えないし、どうすれば・・・」

という感じかと。
大体、そういう方がやっているのは、

  • スパユウコ(ラマ9世駅)、アナンタラ・バンコク・リバーサイドリゾート&スパなどのスパやエステを活用
  • 1,000円くらいのゲストハウスを利用して、シャワーだけ浴びてすぐにチェックアウト

などの手法です。

ただ、バンコク市内でシャワーを浴びても、熱いバンコクでは空港にいくまでにまた汗をかきます。
なので、空港でシャワーを浴びた方がかしこいかと思いますよ。

一番オススメはミラクルラウンジ(miracle lounge)

バンコクのスワンナプーム空港で出発前にシャワーを浴びるのに一番オススメなのは、ミラクルラウンジ(miracle lounge)です。
Priority Passを持っていたら無料で使えますし、持っていなくても1,000バーツくらいで使えます。

出発前にシャワーを浴びるか浴びないかで、バンコクから東京までの5時間半くらいが快適に過ごせるかが変わるので、絶対におすすめです。

ミラクルラウンジの行き方

では、まずは「ミラクルラウンジ(miracle lounge)」への行き方です。

私がいつも使うミラクルラウンジは、コンコース「G」にあります。
航空会社によってはすこし出発ゲートから距離があるかと思いますが、バンコクから東京のフライトだと大体コンコースEなことが多いですよね。
そうすると、ミラクルラウンジ(miracle lounge)はそんなに遠くありません。

出国審査と手荷物検査を過ぎて制限エリアに入ったら、コンコースGに向けて歩いていきます。

コンコースGの分岐点まで来ると、「ミラクルラウンジ(miracle lounge)」の看板が見えます。

3Fと4Fの2階分が全てラウンジなのですが、下の3Fに入り口があります。

こんな感じで、普通にコンコースGを歩いていたら、見落とすことはありません。
すぐにわかります。

ミラクルラウンジのシャワー

ミラクルラウンジのシャワーは、ホント快適です。
女性用は入ったことないのでわかりませんが、男性用は2つあり、無料で使えます。
時間の制限とかもありません。

ちゃんとホテルのように、タオルやシャンプー等、あと歯ブラシまで用意してくれています。

これ、無料です。
めっちゃいいです、まじで。
最初使ったとき、「ホントに無料?」って聞いたくらいです。

ちなみに、コンセントもあって、シャワー浴びている間に、スマホやパソコンの充電ができます。
ミラクルラウンジは、あまりコンセントに近い席が少ないので、シャワーを浴びながら充電しておくのがかしこいです。

ミラクルラウンジはこんな感じ

ミラクルラウンジの中は、こんな感じで、非常に広いので、満席になっているのをみたことがありません。
もしかしたらフライトの集中する時間帯とかならあるのかもしれませんが、いつもガラガラです。

いくつかのブロックにわかれています。

もちろんラウンジなので、食事もちゃんとあります。

サラダとかもあります。

少しお腹にたまりそうなものもありますね。

結構いろんな種類があります。

飲み物も充実しています。

ペットボトルの水もあるので、手荷物検査のところで取り上げられても、新しく制限エリア内で買う必要はありません。
大体制限エリア内だとミネラルウォーターが40バーツくらいで売られているので、その分節約できますね。

JALの深夜便だと、飛行機の乗った後、夕食や夜食はでません。
なので、乗る前に軽く食べておかないと、腹が減って寝られないということになりかねません。

このミラクルラウンジで、シャワーを浴びて、軽く食べて、歯まで磨いて、万全の体制で飛行機に乗るのが、バンコクから東京までの深夜便を快適に過ごすコツです。

ミラクルラウンジの料金

プラチナカード保有者が持っているPriority Passを持っていたら、無料です。
Priority Passを持っていなくても、大体1000バーツくらいで使えるらしいです。

私はJALのプラチナカードを使っているので、Priority Passで無料で使っています。

ミラクルラウンジの営業時間

24時間営業です。
突然閉店です的に追い出されたりしません。

東南アジアから乗り継ぐ際、バンコクに朝めっちゃ着いて、そこからしばらくいくところなく、ベンチで寝てるかなみたいなときとかも、Priority Passがあればミラクルラウンジ(miracle lounge)が使えるので、便利です。

一番安くPriority Passを持つためには?

ミラクルラウンジ(miracle lounge)がおすすめという話をしてきましたが、Priority Pass(プライオリティパス)なんて持ってないよという方は、せっかくなので作ればいいと思います。

とはいえ、プラチナカードとか、結構年会費が高いですよね。
私は、普段クレジットカードで多い月には100万円以上軽く使っているので、プラチナカードとかにしていますが、別にそんなにクレジットカードを使わない人は、高い年会費を払いたくないのもわかります。

そこで、一番安くPriority Pass(プライオリティパス)が持てるのは、「楽天プレミアムカード」です。
大体海外にいくことが多い人は、Priority Pass(プライオリティパス)目的で、このカードをみんな作って持っています。

楽天プレミアムカードは、楽天カードの上位カードで、年会費10,800円と格安で持てます。
一般的なプラチナカードが安いやつで30,000円前後なので、それと比較してかなり安くPriority Pass(プライオリティパス)がゲットできることになります。

あと、楽天カード系は全般的にそうなのですが、新規入会するだけで、楽天スーパーポイントがもらえます。
楽天プレミアムカードの場合、14,000円分の楽天スーパーポイントがもらえるので、実質的に1年間でカードを解約すると+4,000円が自動的にもらえるくらいの感じになります。

しかも、楽天市場で買い物すると、ポイントが5倍になり、普通の楽天カードよりたまりやすいので、

  • 出張で空港をよく使う
  • 楽天市場も結構利用する

という方は、1枚持っておけば便利かと思います。

まとめ

今回は、バンコクのスワンナプーム空港での帰国前のシャワーについてのまとめでした。

なんとなく、バンコクの空港、なんか好きなんですよ。
どっか遠い国にいっても、バンコクまで帰ってきたら、もう東京まですぐみたいな感覚になれるんですよね。
なんども行ってて、勝手知ったる空港ということもありますが、便利さも抜群。
シンガポールのチャンギ空港の変なターミナルとかより、よっぽど快適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です